「美花」の意味を特集します!掘り下げると名前に意外な解釈も!?

2019年9月10日女の子の名前

シンプルで綺麗な名前には、名付け側の想いがストレートに伝わりやすいという魅力があります。

今回取り上げる「美花」もその1つ。

美しい花と書くこの組み合わせは、女の子に対する名付け側の優しさが真っすぐに感じ取れますよね。

ただ、「美しい花の様に~」と続く形が解釈の土台になりますが、そこを追いかけると人それぞれの持つ細かい願いがより見えてきやすくなるものです。

そこが名前の面白さだとの想いと共に、美花の意味を1文字1文字の全体像、2文字組み合わせての解釈という流れで特集していきたいと思います。

実は美花には「美しい花」以外の解釈も出来たりしますので、そうした点も合わせて取り上げていきますね。

Right Caption

結構多い名前よね。有名人だと元総合格闘家でモデルの美花さん、アナウンサーの鈴木美花さんなんかが思い浮かぶわ
スポンサーリンク

「美花」の1文字1文字の全体像と解釈の方向性


画数 :9画
音訓:ビ ミ うつく(しい)
名乗り:きよし とみ はる ふみ みつ よ よし
意味
きれいな。格好が良い。物事が良い感じである。味が良い。
ポイント
左右対称で安定感があり、左右のはらいが伸びやかな文字。女性の美しさを表しやすく、昔から女の子の名付けでは圧倒的に人気を持っている。男性的な文字だったり、少々かための文字と合わせても、女性らしさを表現できる。男の子に使う場合は「よし」と読むことも。

※もっと詳しく!
「美」の意味を名前向きに特集します!悪い方向に考える必要はないよ


画数 :7画
音訓:カ はな
名乗り:はる みち もと
意味
植物に咲く花。花の様にキレイなもの。また、花の形に似たもの。様々な色や形のまじった模様。派手で華やかなさま。美しさや名誉。
ポイント
非常に女性らしい雰囲気を持った漢字。「カ」と読む止め字として使われることが多く、「香」を凌いで、最近では1番人気とされている。読みの同じ「華」は豪華で華麗、「花」は清楚で可憐なイメージを持っており、より可愛らしい文字と言える。「花のように~」との意味付けが基本で、様々な解釈が出来るのが楽しい。

※もっと詳しく!
「花」の意味を名前向きに大特集!可愛いだけじゃないのが面白い

参考書籍:漢字源 改訂第六版(Gakken) 赤ちゃんの名前ハッピー漢字辞典(西東社)

読みとしては「みか」が一番多く、「みはな」も時折見られます。

『美』は「大」きな「羊」を組み合わせた言葉で、古代中国では食料としても神様の捧げものとしても重用された羊の中でも立派なものを指します。

見た目の美しさだけでなく、心の美しさなど、様々な面での美を表現出来る言葉ですね。

『花』は漢字単体では可愛らしいイメージが一般的には持たれている言葉です。ただ、世の中には美しい花も多く、「美」と組み合わせることで、可愛さだけじゃない魅力が強調されるとも言えそうです。

また、「草が変化する」ことで花となるという成り立ちを持っていますので、成長であったり、成功などの想いをこめることも可能だったりするんですよ。

やはり組み合わせての基本は「美しい花の様に~」を土台として解釈をしていくのが一番だと思いますが、それぞれの成り立ちやポイントを考えると、美しい花のイメージが色々と広がっていきますね。

  • 美しく可愛らしい人に
  • どんなに大変でも美しい花を咲かせられる様に
  • 心が綺麗に成長していける様に

などなど、言葉はシンプルなれど、名付け側は様々な願いを含めることが出来るでしょう。

このあたりを踏まえつつ、いくつか例を出していきたいと思いますが、その前にもう1つ。「美花」には人の名前以外でも使われる言葉であるという特徴もありますので、そちらにも触れておきたいと思います。

スポンサーリンク

意外な言葉としても使われる

私が育った岡山県倉敷市はススキで有名な街ですが、実は美花は、そのススキにちなんだ言葉でもあります

穂(花や果実)をつけているススキを指す「尾花(おばな)」という言葉があります。この言葉には他にも色々な漢字が当てられることがあり、その1つが「美花(おばな)」なんですよ。

元々は尻尾の様にススキが揺れている様から生まれた言葉で、美花はそこからの発展形なのですが、確かに秋の空の下で風に吹かれて揺れ動いているススキには美しさも感じられますね。

この言葉を踏まえつつ、ススキの花言葉なんかを願いとして忍ばせるのもお洒落かもしれません。

ススキのよく知られている花言葉は…

  • 活力
  • 勢い
  • 元気

などです。

活力に溢れた可愛らしさとか、元気のある美人とか、何とも素敵な雰囲気が漂いますね~。

多少捻くれた考え方かもしれませんが、私はこういった観点も大好物です^^

スポンサーリンク

解釈例をあれこれと見てみよう

それぞれの漢字の意味、ススキという解釈の両面から例を出していきたいと思います。

このサイトではラッキーセブンの7例が定番ですので、今回も7つで行きますね!

美しくもあり、可愛らしくもある花の様な人になってほしい
綺麗な心を持って元気に成長していってほしい
大変な時があっても、最後には美しい花を咲かせてほしい
様々な側面での美しさを持った人になってほしい
活力に溢れた元気な人になってほしい(ススキ由来)
勢い溢れるダイナミックな人生を歩んでほしい(ススキ由来)
元気いっぱいな健康美を持った女性になってほしい(ススキ由来)

組み合わせパターンがあれこれと複数ありますね。そこを考えると、まだまだ例は出していけそうです。

こうして見てみると、ススキ由来にすると、名前の雰囲気が大きく変わってきます。

名前は時に、「1つの願いに絞る必要はない」といった考え方も出来ますので、色んな要素を全部詰め込むくらいの感覚で考えてみるのも面白いと思いますよ~。


Left Caption

ススキは全く思い浮かばなかったな~

美花はシンプルな組み合わせであるからこそ、その先を考えるのが楽しい名前だと感じますが、同時にススキという複雑性も持たせられるという点が興味深いですね。

漢字を追いかけて行くと、思わぬ解釈に出会うことも多いです。

それこそがこのサイトをやっていて一番楽しいと感じる瞬間だったりもするんですよ。

これからも色んな感じの意味を追求していきたいと思います!

スポンサーリンク